会社概要

経営理念

ご縁のある皆さまに対し感謝の気持ちを忘れず、技術の研鑽に努める

ご縁のある皆さまに対し
感謝の気持ちを忘れず、
技術の研鑽に努める

ごあいさつ

 私は、平成5年に金型のシボ加工を生業として、ここ九州の地で個人企業のキューシボを起業し、お蔭様で、今年は28周年を迎える事が出来ました。
これも一重に、お客様や今までにお世話になった関係者の皆様、また弊社のスタッフのお蔭と感謝しています。

思い返してみると、その中には、様々な出来事がありました。
起業当初は、まだバブルがはじける前後の頃で、日本の金型業界も多忙な時代でありました。
しかし、平成15年頃より金型の製造が海外で行われる事が多くなり、弊社のシボ加工の受注も少なくなりました。
その様な中、平成19年にYAGレーザー溶接機を導入して、金型等のレーザー溶接加工を始め、現在は、アルファレーザー社製(ドイツ)のレーザー溶接機を5台に増設して、納期の短縮や技術の研鑽に努めています。
また、移動が大変な大型金型や大型部品などには、出張レーザー溶接を行っています。

今後も培った技術を誇りに持ち、お客様の期待に応えられるように努め、初心を忘れずに、さらなる成長と企業価値の向上を目指して参ります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

代表取締役
小堀 泰一郎

沿革

1993年 7月
鳥栖市曽根崎町1127番地の1において、個人経営のキューシボを創業し金型シボ加工を始める。

1996年 3月
法人組織に更改し、資本金300万円で、有限会社キューシボを設立。

2000年 5月
社屋を新築し、鳥栖市柚比町1129番地11に移転する。

2003年 9月
町名変更により、住所が鳥栖市弥生が丘7丁目12番地に変更になる。

2007年 3月
レーザー溶接機を導入し、レーザー溶接加工を始める。

2008年 9月
資本金を800万に増資する。

2014年10月
日本レーザーウェルディングの屋号で、埼玉県川口市大字東本郷928-1に東京営業所として、レーザー溶接加工工場を開業する。

2018年1月
日本レーザーウェルディング(埼玉県川口市)を閉店する。

 

主な機械設備

レーザー溶接機 AL 450F ファイバー 450W(ドイツ・アルファレーザー社製) 1台
AL Flak500 500W(ドイツ・アルファレーザー社製)  1台
AL Flak300 300W(ドイツ・アルファレーザー社製)  1台
ALM250 250W(ドイツ・アルファレーザー社製)  1台
ALM200 200W(ドイツ・アルファレーザー社製)  1台
ブラスト加工機 PNEUMA BLASTER(不二製作所社製)  2台
その他  2台
イエプコ処理 PEEN MATIC 950 ZID(スイス・イエプコ社製)  2台
クレーン設備 2t  2基
フォークリフト 3.0t  1台
1.8t  1台

会社概要

本社 有限会社キューシボ
所在地 佐賀県鳥栖市弥生が丘7丁目12番地
TEL. 0942-84-4848
FAX 0942-84-5681
Email contact@kyushibo.com
代表取締役 小堀 泰一郎
創業 1993年(平成5年)7月
設立 1996年(平成8年)3月
資本金 800万円
取引銀行 ⻄日本シティ銀行 筑邦銀行 三菱東京UFJ銀行 佐賀銀行
事業内容 レーザー溶接加工 イエプコ処理加工
協力会社 株式会社日本エッチング 株式会社ワールドエッチング 株式会社ニューテックス

本社

所在地

TEL.

FAX.

Email

代表取締役

創業

設立

資本金

取引銀行

事業内容

協力会社

有限会社キューシボ

〒841-0005 佐賀県鳥栖市弥生が丘7丁目12番地

0942-84-4848

0942-84-5681

contact@kyushibo.com

小堀 泰一郎

1993年(平成5年)7月

1996年(平成8年)3月

800万円

⻄日本シティ銀行・筑邦銀行・三菱東京UFJ銀行・佐賀銀行

レーザー溶接加工・イエプコ処理加工

株式会社日本エッチング
株式会社ワールドエッチング
株式会社ニューテックス